浴衣kidsのわちゃわちゃお茶会

「浴衣✖️Kids✖️お茶会」

キャッキャッと耳障りの良いはしゃぎ声や、ドタバタと走り回る足音。
子供達が、キラキラした目線を真っ直ぐ送るその先には、見た事もない世界。

年々減少傾向にあると言え、ゆうに100万人を超える茶道人口を誇り少し前までは

割と聴き馴染みのあった、所謂『お茶会』だ。

 

浴衣がコスプレ感のある衣類として定着し始めている昨今。。一方で和装自体に興味を持つ若者も少なくはない

何度も記述して恐縮だが、和の文化は我々日本人でもハードルが高い。その一つの原因として挙げられるのが

「知らない」と言った認知度の低さであり、それは嫌悪感にすら繋がる。

今回は京都上京区にある、弘誓寺さんにお願いし協力いただき、子供達にお茶会を体験してもらった。

ここ京都であっても年に数回しか入る事のないお寺で、我々親世代も体験した事が少ない『お茶会』を

お洒落なお洋服屋さんのワークショップかのように参加、体験し、楽しんでてくれる子供達を見て、

純粋にこういうイベントや機会を設けていきたい。そう思わせてくれるイベントになった。

子供達の正直な反応は可能性でしかなかったし、何より知らない嫌悪感を抱いていたのは、

大人達だけだったのだから。

 

このお茶会が彼女達の記憶にどれだけ残ってくれるかは、分からないが和の文化を小さな時から

知っている。という事実は、彼女達の未来にとって、選択肢を広げる事になるのは間違いないだろう

それではまた、次回のイベントで・・・

 

 

▼たゆたふのSNS ぜひフォローしてください▼

Facebook
LINE
INSTAGRAM
      

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました